ドローンパイロット(操縦士)ってどんな仕事?年収は?就職先はあるのか?

DD0I9A8252 TP V copy

ドローンの普及に合わせ、少しずつ認知されてきた「ドローン操縦士」という仕事。

しかし、実際のところドローン操縦士というのがどのような仕事なのかは、未だによく知られていません。

今回は、ドローン操縦士という仕事の実態について迫ってみましょう。

ドローン操縦士とは?

ドローン操縦士とは、ドローン(無人航空機)を地上から操作する仕事のこと。

公的資格は存在しないので、ドローンの操作さえできれば、誰でもドローン操縦士を名乗ることが出来ます。

しかし、ドローンの操縦には高度な操縦技術と、無人航空機飛行に関する様々な知識が必要となるため、「仕事」として行うには充分な経験と学習が必須です。

ドローン操縦士の仕事

ドローンを操作する仕事となると「ドローンでの空撮」をイメージする人が多いですが、ドローンには空撮だけでなく様々な業務を行うことができます。

ドローンが可能な業務の例

  • カメラによる空撮
  • 荷物の運送
  • 人や動物の誘導
  • 注意喚起や防犯
  • 農業(育成管理、農薬散布など)
  • 測量
  • 点検
  • 物流(倉庫内・離島や過疎地)
  • 建築(工事の進捗管理など)

ドローンを用いてこれらの業務に携わる人々を総じて「ドローン操縦士」と呼びます。

こんなにありますドローンのお仕事!ドローン活用ビジネス事例10選。

2018.01.22

ドローン操縦士って稼げるの?就職先はあるの?

ドローン操縦士という仕事は、高度な技術と専門的な知識が必要とされるため、いわゆる「専門職」となります。

ドローン関連の求人を見てみると、給与の平均は月収で約18万〜40万円程度。

年収だと、200万から480万程度(ボーナス別)と予想されます。

実際に就職先がどれほどあるのかも気になりますが、今や映像制作会社では必須の存在であり、近年ではドローンパイロットに特化した求人サイトなども登場したりなど、少しずつその需要は高まってきていることが伺えます。

また、撮影だけでなく、農業や漁業、スポーツに防災、建築などの分野でのドローン活用も進んできていて、今後はそれらの分野でもドローン操縦士の需要は高まりそうです。

空撮を仕事に!ドローンカメラマンに必要な能力や資格とは?年収は?

2018.01.27

ドローン操縦士になるには?

先述の通り、ドローン操縦士には公的な資格がないため、誰でもドローン操縦士になることができます。

ただし、業務を遂行するためには自由にドローンを操ることのできる高度な技術力専門的な知識が必要です。

日本ではいくつかの法人がドローンの操縦に関する資格を提供しており、ドローンスクールで所定の講習を受けることでそれらを取得することができます。

中でも国土交通省が認可している学校では、ドローンに関する実践的な座学と実技を学ぶことができるので、今後ドローン操縦士を目指す方はぜひともドローンスクールに通うといいでしょう。

専門的かつ魅力的なドローン操縦士という仕事は、今後数年のあいだに就労人口が増えてくる業界ですので、ドローン関連の資格取得は、ドローン操縦士を目指す人にとっては必須と言えるかもしれませんね。

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。