ドローンは200g未満であればどこでも飛ばせる?知っておきたい!ドローンに関する法律&規制まとめ

「重量が200g未満なら、どこでも許可いらずでドローンが飛ばせる!」

…そんな噂を聞いたことがありませんか?

今回は国土交通省の航空局が提示している、『無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン』を参照しながら、ドローンに関するルールや法律をわかりやすく解説します。

国土交通省が定めているドローン規制

2015年に航空法の一部が改正され、無人航空機(ドローンなど)の飛行に関する基本的なルールが定められたことを、皆さんはご存知でしょうか?

これにより、無人航空機を飛行させる際に注意しなければいけない、2つの基準ができました。

それは飛行の「場所」「方法」です。

注意すべきポイント①飛行禁止区域

無人航空機を飛行させる場所として注意すべき点は、有人の航空機に衝突する危険性はないか?ということ。

過って落下した際に地上の人に危害を加える危険性はないか?といったようなことです。

具体的に国交省では、下記の3つの条件に当てはまる場所での飛行を禁止しています。

  1. 150m以上の高さの空域
  2. これは比較的わかりやすい基準ですね。

    あべのハルカスの真ん中より高いところは飛ばさないようにしましょう。

  3. 空港等の周辺の上空の空域
  4. 厳密にはすごく細かく飛行可能区域と禁止区域が分けられているのですが、非常にわかりにくいので、基本的に空港の周辺ではドローンは飛ばしてはいけない、という理解でいいでしょう。

    国交省のガイドラインでも、そのように書かれています。

  5. 人口集中地区の上空
  6. 人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域です。

    詳細は以下のURLから確認してください。

    http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.html

注意すべきポイント②飛行の方法

また、無人航空機を飛行させる際には下記の6つの条件を遵守しなければいけません。

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  3. 第三者又は第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に距離(30m)を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

基本的なことばかりですが、どれも違反すると大きな事故につながりかねない要素を含んでいます。

ドローン飛行の際は、十分に注意しましょう。

「200g未満ならどこでも飛ばせる」の真意

 さて、ここまで国土交通省のガイドラインをもとに無人航空機の飛行のルールについて説明してきましたが、2015年のドローンに関する改正にはこんな条件が付けたされています。

「マルチコプターやラジコン機等であっても、重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)200g未満のものは、無人航空機ではなく「模型航空機」に分類されます。」

つまり、先ほどまでのルールは無人航空機(機体本体とバッテリーを合わせた重量が200g以上のもの)についての規則であり、200g未満のいわゆる「ホビードローン」には適用されないというものです。

じゃあ、軽量のホビードローンなら無許可でどこでも飛行していいの?

というと、そうではありません。

ドローン以前に知っておく必要のある法律と合わせて解説します。

航空法第99条の2

 ドローンの規制について新たに法改正された航空法ですが、ドローン云々に関わらず、第99条の2では空港周辺や一定の高度以上の無人航空機の飛行が禁止される内容を含んでいます。

(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為) 第九九条の二
何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び積載を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。

2 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び積載を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。
(引用:http://www.houko.com/00/01/S27/231.HTM#099-2)

こちらを見るに、たとえ200g未満のドローンであっても、許可なく空港周辺や高度の高いところを飛行させることはできないことがわかります。

また、「国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律(平成28年法律第9号)」においては、第3条第1項及び第2項の規定に基づき、以下の地域が飛行禁止の対象となっています。

小型無人機の飛行禁止エリア
霞が関1丁目1番~3番
霞が関2丁目
霞が関3丁目1番
永田町1丁目1番・2番

これらの対象になっている建物の敷地や区域、またその周辺300m以内では、重さに関わらず、あらゆるドローンの飛行が禁止されています。

このように、200g未満だからといってどこでも飛行できるわけではなく、過って飛行すると罰せられる可能性もあります。

ドローンの飛行の際はきちんと規則にそっているか、あらかじめ確認しましょう。

ドローン規則に違反するとどうなるのか。

ここまでみてきたドローンの規制や法律ですが、これらに違反すると、もちろん罰せられる可能性があります。

 ドローンに関する飛行のルールを定めた航空法に違反すると、50万円以下の罰金を課せられることも。

また、小型無人機等の飛行禁止法などの法律に違反した場合、一年以下の懲役、または50万円以下の罰金が課せられる場合があります。

ドローンを飛行させる際は、充分にお気をつけください!

ドローンの飛行で違反しないために

 いくつかの法律やルールによって飛行を規制されているドローンですが、きちんと手続きを踏めば、原則禁止されている飛行空域も飛行可能となります。

「知らずにうっかり違反してしまった!」なんてことをしないためにも、しっかりとルール確認して、正しく飛行させましょう。

手続きに関する詳細は以下のURLから確認できます。

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000042.html

きちんとルールを把握し、正しくドローンの飛行を楽しみましょう!

参考リンク

国土交通省ホームページ
無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン
http://www.mlit.go.jp/common/001202589.pdf

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。