測量用ドローンにおすすめ!DJIの高級機種MATRICE 210RTKの紹介

ドローンは橋梁検査や農林水産分野にも注目されつつあり、一般用とは異なり高い出力で飛行できるシリーズも販売されるようになりました。

現行ではDJIのM600シリーズという高額な機種が有名ですが、2017年9月に発売されたMATRICE200シリーズでは産業用のミドルシップとして設計されており、コンシューマー向け以上に信頼のおける機体に進化したといえます。

今回ドローンスクールのJUAVAC 兵庫校にお邪魔させていただく機会があり、実際にMATRICE 210RTKに触れることができました。

以下にその特徴を紹介していきます。

 

カメラが二つ装備できる

外観からもよくわかる目新しい機能といえば、やはり「デュアル下方ジンバル」が搭載されていることがその一つでしょう。

通常のドローンであればカメラは一つしか搭載できませんが、MATRICE 210RTKは強力なモーターと、大容量バッテリーが二つ搭載されていることもあり、最大ペイロードが2kgまでとなっています。

これにより2つのカメラを同時に装備することが可能となっています。 二つの異なる性能を持ったカメラを搭載することで撮影の効率が上がります。飛行回数を節約できたり、チャンスの少ないシーンでも確実に記録することができそうですね。

画像に搭載されているカメラは光学30倍ズームができるZ30(画像左カメラ)と、2000万画素で高画質に記録できるZENMUSE X4S(画像右カメラ)です。両者とも測量などには重宝されています。

 

 

カメラが上部にも搭載できる。

MATRICE 210RTKでは「単一上方ジンバル」によってドローン上部にもカメラを搭載できるようになりました。

 

下画像のようにドローンの上部にカメラを搭載できるようになったことで、従来の下方カメラでは死角になっていた上空の映像も確認できるようになります。 対象物の下側に潜って上部を見渡すことができるので、インフラ検査の現場で垂直点検が可能です。

例えば橋梁裏側や送電線付近への接近など、無理のない飛行で検査を行うことが可能となります、単純に視野が広がることで安全性が向上し、衝突の事故なども減らすことができそうです。

 

 

安全安心の対物センサー

MATRICE 210RTKには高性能な対物センサーが搭載されていました。 FlightAutonomy(フライトオートノミー)システムと呼ばれています。

まず、上向きの状況を感知する赤外線レーザーが本体上部に取り付けられています(ラベル左の黒いパネル) これにより橋梁検査などで構造物の真下をくぐる場合や、そのほかにも狭い空間を飛ぶ際にはさらに安全に操作が行えます。

 

下方の障害物を感知するセンサーは、本体下部についています。

 

前方感知のステレオビジョンシステムも搭載。 これらの衝突回避機能によって、近距離の点検を迅速かつ安全に行えるようになりました。

 

 

高耐久設計

43cmもの大型プロペラによって、強い風が吹く環境でも安定して飛行できます。

 

二本のバッテリーが搭載できるデュアルバッテリーシステムは、最大38分の飛行を可能にしています。

飛行環境が低温になると、バッテリー自身が発熱して電力供給を安定させる保温機能もついています。このバッテリーはInspire 2との互換を持ち、機材資産を活かせるのも魅力だと思います。

本体外装は密閉型の防滴設計となっていて、小雨なら多少濡れても安心だと思います。

 

 

RTKによる高精度な姿勢維持システム

ドローンはGNSS(全球測位衛星システム)による姿勢制御機能が搭載されていますが、その機能をさらに強化するのがRTK(リアルタイムキネマティック)です。

ドローンのコントロール制度を数センチ飛躍的に上げるRTKシステムとは?

2018.10.20

MATRICE 210RTKにはドローン本体には画像のような丸いセンサーが搭載されてあります。

 

地上に立ててある受信機を基準に衛星電波から送られてくる情報を補正するシステムです。

これによりわずか数センチの誤差で操作ソフトから指示を送ることができ、より正確で安全なフライトが可能となりました。

 

 

まとめ

価格は代理店に問い合わせてみないとわかりませんが、この仕組みだと100~200万円は最低でもかかると思います。 感覚的に少々値が張るのが玉にキズですが、MATRICE 210RTKであればコンシューマー向けのドローンでは不可能だったことが可能となり、上位機種である恩恵を確実に体感できると思います。

実際に運用する事業所の使用頻度にもよりますが、従来より安易にインフラ検査の仕事が行えるとすれば、受注機会が増えることでそれほど高い買い物ではないかもしれません。

また上位クラスであるM600シリーズが倍ほど高額なので、産業用としての選択肢はこのMATRICE200シリーズに収まる可能性は高いと感じます。

今後の社会の運用実績に期待したいところです。

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。