ドローンで損害賠償…!?絶対に抑えておきたいドローン保険について

空を駆け回るドローンは、今まで見たことのない世界を見せてくれる存在であると同時に、空を飛ぶ凶器にもなり得ます。

もし墜落した場合、人や物件に損害を与えてしまい、大惨事になることも考えられるでしょう。

そうなってしまえば自動車事故などと同様、加害者にはさまざまな責任と、多額の賠償金が請求されることになります。

そのような事態を避けるためにも、墜落防止のための予防策はもちろんのこと、万が一の事故に備え保険には加入しておきましょう。

この記事では、主に個人を対象としたドローンに関する保険について、ご紹介します。

ドローンを飛ばす前に入るべき保険とは

ドローンに関する保険には、大きく分けて賠償保険機体保険の二つがあります。

これらの保険にはそれぞれ、個人向け事業者向けのものが存在します。

今回は主に個人向けの保険についてご紹介していきましょう。

ドローンの損害賠償保険

賠償保険はその名の通り、墜落や事故で何かを破損してしまった場合や、第三者にケガを負わせてしまった場合に支払う賠償金を補償してくれる保険です。

賠償金は多額になるケースが多いため、必ず入っておくことをおすすめします。

代表的なものを二つ、紹介します。

DJI賠償責任保険

まず紹介するのは、世界一のドローンメーカー・DJI社の製品購入者が加入できる、DJI賠償責任保険。

DJI製品を購入すると一年間は無料ですが、二年目以降は有料となります。。

こちらはエアロエントリー株式会社が取り扱い代理店として提供しており、引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社。

DJI賠償責任保険は、以下のような賠償に適用されます。

● 対人(身体障害)賠償
● 対物(財物損壊)賠償
● 人格権侵害

例えば、自分が操作していたドローンによって人や物を傷つけてしまった場合(対人/対物)、あるいは空撮で意図せず個人のプライバシーを侵害してしまった場合(人格権)などの賠償を保証してくれるのが、こちらの賠償責任保険。

エアロエントリーのWebサイトによれば以下のような説明がされています。

操作ミスによる物理的な損害(第三者への対人/対物)や、うっかり他人の部屋を撮影してしまった(プライバシー侵害)場合などによって被った損害賠償責任を補償します。またオプションで他人に貸し出した際の補償、海外に一時持出した際の補償を選択できます。
引用:エアロエントリーWEBサイトより

RCKラジコン保険

続けて紹介するのは、日本ラジコン電波安全協会のRCKラジコン保険

こちらもDJIのものと同じように、対人、対物の賠償に対応しています。

こちらの加入には、同団体が定めているラジコン操縦士への登録が必須条件。

保険料が4500円と安いので、DJIユーザーは一年目の無料期間が終わったらこちらに切り替える人が多いようです。。

この賠償責任保険は、日本国内でラジコン模型の操縦中に不注意によって他人を死傷させたり、他人の財物を壊した場合、被害者に支払わなければならない法律上の損害賠償金や争訟のための費用をお支払いするものです。
なお、この保険は遊び等趣味でのご使用での事故に限り補償の対象となります。
業務使用(仕事、研究、学校行事等)でのご使用での事故は保険の補償対象外となっております。
引用:日本ラジコン電波安全協会より

ドローンの機体保険

機体保険は、墜落などによるドローンの機体自体の破損や故障について補償してくれる保険です。

決して安価ではないドローンですが、予期せぬトラブルによる墜落などによって壊れてしまう可能性もあります。

そのような事態に備えて、やはりこちらも加入しておくほうがいいでしょう。

こちらでも代表的なものを二つ、紹介します。

DJI機体保険

DJI機体保険では、下記のようなケースの費用を補償することが可能です。

● 機体の修理費、再取得費
● 機体自体の損傷
● 捜索・回収費用、臨時費用

こちらは損害賠償とは異なり、一年間の無料期間がありません。

年間の保険料は機体の8~15%となっていて、決して安くはありませんが、それでも十数万を超えるドローンの修理費などを保証するために加入しておく価値はあるでしょう。

ドローン保険(個人向けホビー用)

グッド保険サービスが代理店となり、あいおいニッセイ同和損保が引き受け会社となるドローン保険(個人向けホビー用)は、ドローンの個人所有で趣味やレジャー目的の方が加入できる個人のドローン保険です。

ケガによる死亡・後遺障害の基本補償に加え、ドローンの機体の損害を補償する「携行品損害補償」と第三者への賠償を補償する「個人賠償責任危険補償」、他人から借りたドローンなどを補償する「受託物賠償責任補償」が特約でセットとなっています。

機体保険そのものは携行品損害として最大10万円なので、ドローンの本体価格が10万円を超える場合は全額補償はされませんが、7,000円という値段で損害賠償と機体保険がセットになっているのは、大きなメリットです。

おまけ:実はこんな保険が使えることも

もしすでに加入されている自動車保険や火災保険の中に「個人賠償責任保険特約」が付帯している場合、ドローンによる事故でも補償されるケースがあります。

もちろん100%補償可能かはケースバイケースですが、もしドローンによるトラブルを起こしてしまい、なおかつドローン保険に入っていなかった場合も、諦めずに自分の今入っている保険に「個人賠償責任保険特約」がついているかを確認してみましょう。

運が良ければそちらから補償が効く場合がありますよ!

保険は絶対加入すべし。だけど事故を起こさないのが一番。

プロのドローン操縦者でも、トラブルを100%予防することはできません。

そのトラブルによって第三者に大きな被害を与えしまう可能性も0ではありません。

ドローンはその手軽さやイメージからおもちゃのように扱われがちですが、機体によっては重量もパワーもあり、悲惨な事故を引き起こす可能性を充分に秘めています。

そんなドローンを扱うドローン操縦者には、大きな責任が伴います。

ドローンを飛ばすのであれば、必ず保険には加入しておくようにしましょう。

もちろん、事故を起こさないようにするのが一番です。

万が一を避けるため、高度な運転技術を身に着け、しっかりトラブル予防をした上で、安全なフライトを楽しみましょう!

ドローンの墜落の原因と対処について。墜落したらどうすればいい?

2018.04.16

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。