ドローンスクールの授業風景や設備はこんな感じ!JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校に体験入学してきました!

近年ドローンに関する法律の整備が進み、様々な資格が登場しました。

ドローンを使って仕事をするなら、ドローンに関する資格取得はもはや必須と言えます。

ドローン関連の資格取得には、ドローンスクールに通うのが一般的ですが、はたしてドローンスクールとはどんなところなのでしょうか?

今回は、興味があるけど、ドローンスクールって一体何が勉強できるの?どんな施設があるの?という疑問を解決するために「JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校」さんに協力をお願いし、ドローンスクールの内部を取材させて頂きました!

ドローンスクールとは?

そもそもドローンスクールとは何を学ぶ場所なのでしょうか?

日本では、ドローンを操縦するだけなら免許は必要ありませんし、許可さえ取得すれば大抵の場所で飛ばすことができます。

それでもドローンスクールに行くのは、先述した資格のため。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

ドローンスクールって行く意味あるの?資格って必要?

2018.01.30

ドローンスクールに行ってみた!

というわけで気になるドローンスクールへ、実際に足を運んでみました!

今回取材に協力してくださったのは、「JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校」さん(以下、JUAVAC兵庫校)。

兵庫県の西端、佐用町の江川地区にて2017年に開校したドローンスクールです。

JUAVAC兵庫校は、廃校になってしまった小学校の校舎を利活用する形で開設されました。

元々の小学校の設備を活かしながら、地域に根ざした学校として運営されています。

ドローンスクールの設備

元小学校の校舎を使ったドローンスクール。

気になるその中の様子を見に、お邪魔してみましょう。

懐かしさを感じさせるエントランスをくぐり抜けると、木目が印象的な校舎の内装が姿を見せます。

小学校の雰囲気がそのまま残っていて、今にも子どもたちが駆け抜けていきそうな雰囲気。

懐かしさと温かみを感じさせる空間の中、時折、授業中の教室から笑い声が聞こえてきます。

タイムスリップしたかのような教室で最新の技術と知識を学ぶことができる、ちょっと不思議な空間です。

授業の様子

授業の様子も見学させて頂きました。

黒板とモニターを使い分けながら、実際にドローンを手に触れながら授業が行われます。

複雑なシステムや法律などについてしっかりと理解を深めるため、授業は基本的には2~4人程度の少人数制。

座学でしっかりと体系的な知識を学んでから、実技に取り組みます。

実際に操縦に使うiPadなども操作しながら、ドローンの構造や動作の仕組みについて学びを深めることができます。

実技の授業では、学校のグラウンドを利活用。

講師のしっかりとしたサポートの元、操縦の技術を習得することができます。

こちらの学校があるのは、いわゆる限界集落地域。

都会の学校では実技が屋内のみであったり、飛ばせても多くの制限がかけられる場所も多いですが、ここではあまり過度に周辺を気にすることなく、のびのびと操縦を練習することができるのも魅力です。

また、学校の体育館を活かした実技演習も可能。

体育館内にコーンやネットなどを設置することで、本格的な暗闇の中での実習を行うことができます。

僅かな明かりだけを頼りにドローンの操縦を行うのはとても難しい技術。

このトレーニングのための条件が揃う空間はなかなかありません。

JUAVACドローンエキスパートアカデミーの特徴

今回紹介したJUAVAC兵庫校は、国土交通省により認定された学校。

こちらでの受講を終了すると、国土交通省が定める飛行形態の多くを認証するUAVフライト技術証明書を取得することが出来ます。

多くの学校が受講期間2~3日なのに対し、JUAVACでは4日間の充実した受講期間が設けられています。

平日4日間連続や、毎週土曜だけなど、ご都合に合わせて受講スケジュールを設定可能です!

また、他の学校ではあまり見られない目視外・夜間飛行のトレーニングも受けることができて、受講価格は業界最安レベル。

教室、グラウンド、体育館と、トレーニングに必要な施設が一箇所にまとまっているので、無駄なく効率的にしっかりとドローンを学ぶことができるのも大きな特徴。

意外とこれだけの設備が全部揃ってる学校って、あまりないんです!

提供しているコースと価格

JUAVAC兵庫校で受講可能なコースは3つ。

  • フライト基本技術コース
  • 測量基本技術コース
  • 非破壊検査(橋梁編)基本技術コース

高度なフライト技術だけでなく、将来の仕事や今の会社に役立つ専門技術をラインナップしています。

それぞれを見ていきましょう。

フライト基本技術コース

座学と実技を通じ、国土交通省への飛行許可申請が可能となる10時間フライトを達成する基本コース。

高度なフライト技術を習得したい全ての方向けのもっとも基礎的なコースで、価格は、250,000円(税抜)

4日間の受講期間で、国交省公認ライセンスのUAVフライト技術証明書を取得することができます。

測量基本技術コース

測量基本技術コースは、ドローンによる空中測量技術を習得したい方向けのコースで、初級と中級の2コースに分かれています。

初級では、フライト基本技術コースの内容に加え、ドローンによる空中写真測量の方法を習得をめざします。自動航行による空撮と解析方法の基礎を学ぶことができ、価格は270,000円(税抜)。

中級は、様々な環境での実技と解析を通じて、卒業後すぐにドローンでの空中測量が行える技術の習得を目指す350,000円(税抜)のコースとなっています。

非破壊検査(橋梁編)基本技術コース

ドローンによる橋梁検査技術を習得したい方には、こちらの非破壊検査(橋梁編)基本技術コースがおすすめ。

初級はフライト基本技術コースの内容に加え、構造物点検のための専門知識を学ぶ270,000円(税抜)のコース。

中級は、コンクリート橋や鋼橋を使った実践的な実地を通じ、卒業後すぐに橋梁点検が行える技術の習得を目指す350,000円(税抜)のコースとなっています。

分割支払いにも対応しています。

社会課題を解決するプロフェッショナルを輩出したい

ドローンはその性能を用いて、多くの社会課題を解決する可能性を秘めています。

空撮による様々な調査を始め、運搬や高所での作業など、その活躍の場はこれからもどんどんと広がっていくでしょう。

しかし、それらのテクノロジーを扱うのは人間。使う側である人間が正しい知識と確かな技術をもっていなければ、ドローンはその性能を活かすことができません。

逆にそういうスキルをもった人材が増えれば、ドローンの活躍の場は広がっていき、多くの課題解決に繋がっていくはず。

そのためにも、一人でも多くのプロフェッショナルなドローン操縦者を育成したいというのが、校長の想いであり、JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校の目指すところです。

「ドローンには、様々な社会課題を解決する力があります。だからこそ、その可能性をもっと広く伝えていきたい。」と語る前田校長

実際兵庫校は、佐用町を始めとした近隣の市町村と提携してドローンを提供したり、災害時の調査等を実施したりなど、その活動は講習にとどまりません。

これからドローンスクールへの入学を考えている方は、ぜひ「JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校」で学んではいかがでしょうか?

アットホームなスタッフの方々が、皆さんのご来校をお待ちしてます!

JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校へのアクセス

JUAVACドローンエキスパートアカデミー兵庫校
住所:〒679-5316 兵庫県佐用郡佐用町豊福278(旧江川小学校)
電話番号:0790-84-8810
Webサイト:http://kk-tt.jp/
駐車場:あり
中国自動車道・佐用ICから車で10分
鳥取自動車道・佐用平福から車で6分

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。