ドローンスクールって行く意味あるの?資格って必要?

StockSnap 6BBUQPSHX4  1

ドローンが普及するにつれて、日本の各地には多くのドローンスクールが登場しました。

しかし現状、日本ではドローンを操縦するだけなら免許は必要ありませんし、許可さえ取得すれば大抵の場所で飛ばすことができます。

じゃあドローンスクールとか行く意味なくない?

そんな疑問を持ってしまいますよね。

というわけで今回は、ドローンスクールに行く意味ドローンスクールでもらえる資格についてご紹介します。

ドローンスクールに行く最大のメリットは”資格・認定証”

ドローンスクールを卒業すると、その学校や支援団体が発行している資格や認定証を手に入れることができます。

これらを取得するメリットについて見ていきましょう。

メリット1:将来的に免許が必要になる可能性がある

将来的に免許が必要になる可能性がある

まず第一にドローンの免許は「今」は不要だけど、今後はどうなるかわからないということ。

そもそも日本では、ドローンが社会的に認知されてからはまだ日が浅く、ドローンに関する法律も毎年少しずつ整備されていっているような状況です。

ドローンは200g未満であればどこでも飛ばせる?知っておきたい!ドローンに関する法律&規制まとめ

2018.01.25

今後様々な規制が出来ていく中で、もしかするとドローンの操縦は完全な免許制になる可能性もあります

そうなった時に対して、あらかじめ国土交通省が認定している資格を取得しておくことができれば、それ自体が免許の要件になる可能性は大きく、そこから免許を取得するとしても、それら資格を持たない人たちに比べて一歩先に出ることが出来るのは間違いありません。

また先に資格を得るために得た体系的な知識を持つことから、「教える側」としてのビジネスの可能性もあります。

いずれにしても、今後もドローンに関する法整備が進んでいくのは間違いないので、それに先立ってしっかりした資格を持っていることは、今後ドローンビジネスを展開していく上で必ず大きなメリットになるでしょう。

メリット2:許可申請書類の一部が省略可能になる

許可申請書類の一部を省略可能になる

国土交通省の認可を受けている団体(スクール)の資格・認定証を持っていれば、許可申請の際に一部の申請書類を省略できます。

「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」に記載された講習団体等の講習修了者は、飛行許可を受ける際に当該講習団体等が航空局HPに掲載された日以降に発行した技能証明書等の写しを提出することで申請書様式3及び無人航空機を飛行させる者の追加基準への適合性の提出が不要となります。
ー引用:航空:3.許可・承認手続きについて – 国土交通省

一度、上記リンクから提出の必要な書類などに関して見てもらえばわかりますが、この手続が非常に複雑かつ面倒です。

今後ドローンをビジネスとして活用していきたい人は、頻繁にこの申請を行うことになるでしょうし、その手間を省略する意味でも、国土交通省からの認可を受けている資格を持っていることは必須と言えるでしょう。

メリット3:仕事をする上での信頼度があがる

仕事をする上での信頼度があがる

また、ドローンを使ったビジネスをする上で、資格を持っているかどうかは取引先との信頼関係にも影響してきます。

これは理屈で考えれば当たり前のことなのですが、何の免許も持たない人と、免許で能力が保証されている人のどちらが信用できるかと言えば、言わずもがなでしょう。

どうしても撮影の必要がある場所で、いざ申請してみたら許可が下りなかった、のような事態を防ぐためにも、資格を持っておくことはとても重要です。

どんな資格があるの?

ドローンの資格は複数の団体が発行していますが、ドローンスクールを選ぶ際は、国土交通省が認可している団体による資格を発行している学校(国交省認定校)を選ぶことが、何よりもまず大事です。

国交省認定校で得た資格があれば、国土交通省が定めている飛行形態に関する規定に対して、許可・承認の申請を出すことができるようになります。

国土交通省が定めている飛行形態に関する規定は大きく二つ。

許可が必要になる空域

  1. 150m以上の高さの空域
  2. 空港等の周辺の上空の空域
  3. 人口集中地区の上空
承認が必要となる飛行方法

  1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること(目視外飛行の例:FPV(First Person’s View)、モニター監視)
  3. 第三者又は第三者の建物、第三者の車両などの物件との間に距離(30m)を保って飛行させること
  4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させないこと
  5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
  6. 無人航空機から物を投下しないこと

資格が承認している規制

各団体、各学校が発行する認定証などが承認している飛行方法は各々、異なります。

それぞれの認定証(資格)がどの飛行形態を認証しているのかについては、以下の国土交通省が発表しているリストを参考にしてください。

無人航空機の講習団体及び管理団体一覧

自分がドローンでやりたいことをしっかりと考え、それに適した資格を取ることが重要です。

おすすめの資格

当サイトで最もおすすめなのは、JUAVACドローンエキスパートアカデミーを卒業することで取得できる、UAVフライト技術証明書

こちらは、充実した4日間の座学・実技講習によって取得出来る資格で、国土交通省が定めている飛行形態の多くを認証しています。

多くのドローンスクールでは受講日が定められているのに対し、JUAVACでは平日土日関わらず、受講を随時受付けています。

他校ではあまり実践できない目視外夜間飛行などの実技講習もできるのが大きな特徴で、それでいて業界最安レベルの優良価格。

時間とお金を上手に使って、「稼げるドローン」の能力を身に付けたい方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。