ドローンのプロペラは4枚だけじゃない!様々なマルチコプターを紹介します。

ドローンというと、一般的には4枚のプロペラで飛んでいるイメージがありませんか?

最もドローン市場でシェアの高いDJIの機器はプロペラが4つ装備されてあるものがほとんどですが、産業用として一定重量のものを空中に運ぶ用途に耐えられるよう、4枚以上のプロペラと高出力なスペックを備えたドローンも存在するのです。

この記事では、マルチコプターと呼ばれるそれらのドローンについて紹介していきます。

マルチコプターとは

ヘリコプターのようにプロペラを使って飛行する機体のことを通称「〇〇コプター」と呼ぶのですが、プロペラの数が3枚以上になったものを「マルチコプター」と総称します。・

基本的にプロペラの数=ローターの数であり、3つ以上の駆動部(ローター、プロペラ)を持つヘリコプターをマルチコプターと呼ぶのが一般的です。

駆動部の数によってそれぞれ呼称がついています。

  • ローターが3つ・・・トライコプター
  • ローターが4つ・・・クアッドコプター
  • ローターが6つ・・・ヘキサコプター
  • ローターが8つ・・・オクトコプター

これに従うと、DJIのPhantomシリーズはクアッドコプターとなることがわかります。

DJI Phantom 4

ドローンとの違い

さて、ここで気になるのがドローンとマルチコプターとの違い。

ドローンとはそもそも、「無人航空機」の総称です。

一分でわかる「ドローンとは一体なにか?」名前の語源や意味も紹介

2018.01.26

これに対しマルチコプターとは、有人無人に関わらず、3枚以上のローターが搭載されているもの。

なので、一般的に呼称されている「無人」の「4枚プロペラ」の「ドローン」は、「マルチコプター」でもあります。

ドローンが一般に普及し始めた頃に「ドローン」と呼ぶか「マルチコプター」と呼ぶかの論争があったそうですが、基本的にはどちらも間違っていません。

圧倒的なシェア!クアッドコプター

プロペラが4つのクアッドコプターは、最も一般的に普及しているドローンの形状。

クアッドコプターはローターの配置上、1つでも損傷すると左右のトルクのバランスが取れなくなるため、落下してしまいます。

通常のヘリコプターのようにメインのプロペラと尾翼プロペラ2つの駆動部で飛ぶ機体と比較すると、一見駆動部が増えて安全になると思いきや、結局は重心をいかに崩さないかによるため、まだまだ完璧な飛行機とは言えないそう。

その分軽量化ができるため、ホビー用や小回りの利くレース用として活躍しています。

より重いものが搭載できるようになったヘキサコプター

プロペラ6つになることで、よりバランスが取れるようになったのがヘキサコプター。

駆動部のトラブルに対するリカバリーが付いている機種も増えてきて、1つのローターにエラーが起こると、他のローターがバランスを取ることができる仕組みが搭載できるようになりました。

またカメラなどを吊り上げられるペイロードの重量もクアッドコプターに比べるとアップしていて、ジンバルを装着した大型の一眼レフや、シネマカメラなどで高画質な空撮も可能になりました。

手ごろな価格で驚きの6K高画質映像を撮れるドローンを販売するDJIですが、こちらの動画でも紹介しているのは最上級モデルとして6枚のプロペラを装備したMatrice 600という機種。

最大で6㎏までのカメラシステムを搭載でき、同社のジンバルRONINとシネマカメラが組み合わされたハイクオリティな空中撮影が可能です。

ちなみに映像ではRED社の高級ビデオカメラが装着されています。

RED社=レッド・デジタル・シネマカメラ・カンパニー
世界最高級のシネマカメラ(映画用カメラ)を販売するカメラメーカー。
8Kなどの撮影もできる数百万のカメラを販売しており、ハリウッド映画の撮影などにも使用されている。

もちろんZenmuseをはじめとした同社の高画素カメラとも互換があります。

また独自の映像配信技術「Lightbridge 2」で最大5km(日本では3.5kmまで)までのHDライブストリーミング機能に対応

無線で1080i/60fpsのビデオ出力が行えるというのは、今の技術ではかなりのハイパフォーマンスな部類です。

放送業務向けのビデオフォーマットも出力できるため、今後の展開に非常に期待できる商品です!

産業用でも活躍するオクトコプター

ローターが8つ搭載されたオクトコプターは、当然クアッドコプター、ヘキサコプターを遥かに凌ぐ積載能力を有します。

DJIのAGRAS-MG1はなんと10kgもの積載量があり、主に農薬散布用として展開されています。

同社のヘキサコプターMatrice 600 Proと同じようにA3コントローラーで飛行制御され、効率的な農薬散布のための飛行プログラムを設定できるそう。

薬品の残量を知らせてくれる機能もついているので、かなり農業用に特化された設計になっています。

ドローンが林業を救う?巡回システムを利用した森林管理の技術とは

2018.08.08

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。