ドローンの墜落の原因と対処について。墜落したらどうすればいい?

ドローン操縦における最大のトラブル。

それは「墜落」

今回は、ドローンが墜落する原因とその対処法について、紹介していきたいと思います。

また、万が一ドローンが墜落してしまった場合の対応などについてもあわせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ドローンの墜落の原因

まずはドローンの墜落する原因にはどのような物があるのかについて、改めて確認しておきましょう。

1.風

ドローンの飛行にもっとも影響を及ぼすのは「風」です。

風の強さによって安全に飛行できるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

突風により機体が制御できなくなって墜落したり、傾きが限界値を超えてドローン本体が停止してしまったりと、風によるドローンの墜落には様々な原因が考えられます。風の流れをよめる知識と、危険な時は飛行させないという判断力をもって墜落を回避しましょう。

【保存版】ドローンを飛ばす前にチェックしておきたい天気・気象情報まとめ

2018.03.30

2.バッテリー残量

バッテリー切れもまた、ドローンの墜落原因の多くを占めています。

「バッテリー残量を意識していなかった」「もう少し飛行できるだろうと思っていた」と油断しているうちに飛行中にバッテリーが切れ、空中で制御不能となり、墜落してしまうケースがあります。

フライト前にはしっかりと充電しておき、残量の確認も怠らないようにしましょう。

またバッテリーは消耗品でもあるので、劣化にも充分注意してください。

3.通信の遮断

ドローン本体とコントローラーの通信が電波干渉で遮断され制御不能になることがあります。

電波干渉が強い場所や、2.4GHz帯が混線している場所(ドローンの飛行では2.4GHz帯が多く使われています)で飛行する場合は十分注意が必要です。

4.RTH時に衝突

フェイルセーフ機能のひとつ「RTH(Return To Home/自動帰還)」が起動した場合に、障害物センサーや高度の設定を怠っていると、木の枝や壁などに衝突してしまいます。

自動運転中は操作が効かなくなるので、この場合は避けようがありません。

フライト前には必ず、センサーや高度の設定を確認しておきましょう。

5.水濡れ

ドローンは基本的に水に弱いものです。

モーターやバッテリーなどが水に濡れるとショートを起こし、墜落の原因になってしまいます。

雨の日や水に濡れる状況下では、十分に注意が必要です。

雨に濡れても大丈夫!おすすめの防水機能つきドローン5選

2018.03.21

このように、ドローンの墜落原因にはさまざまな「うっかり」「ちょっとくらい」が横たわっています。

「知らなかった」で大事故にならないためにも、今回紹介したような内容を事前にしっかり確認しておきましょう。

墜落した時はどうするの?

万全な準備をして、安全に飛行していたにも関わらず墜落してしまった…。

そんなときのために、墜落後の対処についても紹介しておきましょう。

機体からバッテリーを取り外す

落下の衝撃により、時間差でバッテリーやモーターから発火、発熱の可能性もあります。

墜落した時には異常がなくても、すぐにバッテリーを取り外し、可燃物のないところで様子を見るようにましょう。

警察、消防、救急病院などに連絡

当たり前のことですが、少しでも何かを破損したり、人に衝突してしまった場合は、警察や消防などへ連絡しなくてはいけません。

状況に応じて、それぞれの機関に速やかに連絡しましょう。

各機関の番号
警察:110
消防/救急病院:119

国土交通省、空港事務所への報告

また、以下のような事態が発生した場合は、国土交通省や空港事務所への報告義務が生じます。

  • 人の死傷
  • 第三者物件の損傷
  • 機体の紛失
  • 航空機と接触、接近

機体が川に流されて行方不明になってしまった場合など、「まぁいいか」で済まさず、かならず連絡をするようにしましょう。

機体を回収する

 また、墜落したドローンをそのままにしておくと、産廃法における処罰の対象となりますので、必ず回収するようにしましょう。

探しても見つからない場合は、上記の通り国土交通省と空港事務所への報告必要となると共に、警察へ遺失物届を提出する必要があります。

届出がない状態でもし第三者が見つけた場合、産業廃棄物とみなさられる(=産廃法の対象になる)ので、処罰の対象となってしまいます。

保険会社へ連絡

 ドローン保険に加入している、という人は、破損や傷害、あるいは本体の修理費用などを補償してもらえる可能性があります。

速やかに保険会社へと連絡し、事情を説明し、必要な書類を揃える手続きを行いましょう。

あえて落とす!?ドローンの墜落とリスクマネジメント

これまでみてきたドローンの墜落原因と対処法ですが、「墜落」は二次的、三次的にさまざまな事故を誘発しかねません。

一つでも多くの墜落原因を認識して、それに備えた準備をすることで、できるかぎり墜落を回避する前準備を行うよう心がけましょう。

しかし、どれほど準備したとしても実際の飛行中に思わぬトラブルが発生する可能性があります。

万が一墜落しそうになった場合は、状況によっては無理な飛行を避け、二次的な事故などを避けるためにあえて安全な地帯へと墜落させるといったような判断も重要になります。

何らかの原因でドローンを手元に戻すのが難しい場合や、人や物件がある付近で充電がなくなりそうになった場合などは、可能な限り被害を最小限に抑えるための判断が求められます。

ドローンによるトラブルが増えてしまうと、世間のドローンに対するイメージが悪くなってしまう可能性もあります。

まずは一人ひとりが意識を高く持ち、ドローン操縦を行うよう心がけなくてはいけません。

\「役立った」と思ったらシェアお願いします/

【国内初のドローン人材派遣・紹介サイト】

SkyAgentは、ドローンビジネス業種専門の会員制転職サイト。
ドローンを使ったお仕事を、無料で多数ご紹介しています。